初対面女性の警戒心をほぐし、楽しい会話をするための3つのポイント

女性にとって楽しい会話ができているか?できていないか?

この基準のひとつは「女性が話をしている時間が多いかどうか」です。

よくある恋愛指南書にも、

「女性は話が好きなので女性に話をさせましょう」

というノウハウが書かれていると思います。

女性が話をしてくれるということは、

こちらは相槌を打ったり質問をしているだけでも

会話になっていくということですから、

男性側からしても楽です。

しかし、ここでの問題は、

「女性の方が多く喋る状況を作ることが難しい」

ということです。

確かに、僕やコンサルティング生の経験則的に言っても、

お喋りが好きな女性は多いと思いますが、

誰に対してもお喋り好きかと言うと、

またそれは別の話です。

たとえば、女性に喋ってもらうための手段として、

女性に対して「質問する」という方法が考えられますが、

単に女性にマシンガンのように質問をしても女性は楽しくありません。

確かに、質問を繰り返せば、

傍から見れば女性が喋っている時間の方が多くなります。

しかし、

「女性の方が喋っている時間が長い=楽しい会話ができている」

ということではありませんから注意です。

「女性が楽しいと思っているから話したくなる」

というのが重要ですから、表面的に捉えてはいけません。

では、どうすれば「女性が楽しいと思っているから話したくなる」

という状況を作ることができるでしょうか?

女性が楽しいと感じる会話をする方法

今回はポイントは3つにまとめてみました。

1、まずは自分から話をする

2、相手の相槌から相手が興味を持っていることを探る

3、相手の興味のあることに質問をしていく

4、女性が話していて楽しいと感じられる相槌を打つ

1、まずは自分から話をする

「相手の女性に話をして欲しいのに、自分が話しをしても良いの?」

そう思われてしまうかもしれませんが、

まずは相手から話を引き出すために、

自分が話をすることがポイントです。

なぜなら、女性が男性に対して警戒心を抱く理由のひとつとして、

「何を考えているかわからない人」

という理由があります。

自分が初対面の人と話す状況をイメージしてみて欲しいと思いますが、

全く知らない人、全く情報の無い人に対しては警戒すると思います。

注意点として、単に「自己開示をすれば良い」

ということではありません。

たとえば、〇〇才です、〇〇会社勤務です、といった情報などは、

ここでの警戒心を外すためにはほとんど役に立たないと言えます。

全く役に立たないとは言いませんが、

そうではなく「自分の考えていること」を話すことの方が、

相手の警戒心をほぐすことに役立ちます。

自分が話すことで、相手に話をさせる準備ができます。

2、相手の相槌から相手が興味を持っていることを探る

相手が自分に対して警戒心を抱いている段階では、

女性は話をしようとしれくれません。

ただ、少しずつ自分主体で話を進めていくことで、

徐々に自分に対して警戒心を外してくれるはずです。

その段階で、相手の相槌や相手から受ける質問から、

その女性の興味を探っていきます。

女性はなんでもお喋りしたいのではなく、

「自分の興味のあることを他人に話したい」

と考えているものです。

これが女性に話をしてもらうための準備になるということです。

3、相手の興味のあることに質問をしていく

相手の「興味」が少しずつでも予測ができれば、

そこからは徐々に、

その女性が興味を持っているであろうことについて

質問をしていきます。

もちろん、本当に興味があるかどうかはわかりませんから、

会話の中で予測を立てながら質問をしていきます。

自分が話をしている段階で向こうから共感を示してくれた話題、

自分が話をしている段階で質問をしてくれた話題などであれば、

相手も質問をしたり反応を示しているのですから、

質問をしても不自然な会話にはなりません。

そうやって質問をしながら、自分の話す話題に対する

質問の頻度や反応を観察しながら、

少しずつ相手が興味を持っている話題がわかってきます。

そうやって女性の興味のあるテーマに会話を移していけば、

自然と相手の女性が話をする時間も増えていくはずです。

4、女性が話していて楽しいと感じられる相槌を打つ

自分に対して強い警戒心が無い状態を作り、

女性の興味を探ることができれば、

女性も「話したい」という気分になっていきます。

その段階で、女性に更に「楽しい」と感じてもらえるよう、

女性の話に合わせて相槌や質問をすることで、

更に女性は「話したい」という気持ちになっていきます。

たとえば、あるある話には共感をしたり、

「それもっと詳しく教えて」というように、

自分もそのテーマについて好奇心を持っているように質問をしたり、

あえて共感するのではなく否定をしていじったり、

ツッコミを入れさせるようなボケをします。

女性が話していて楽しいと感じられる相槌は、

バラエティ番組を見て、

お笑い芸人の反応などを参考にすると良いと思います。

自分が話をする、警戒心をほぐす、相手の興味を探る、

相手の興味のあるテーマを話題に上げる、

楽しい雰囲気を作る相槌をする、、、

最初の方は自分が話す時間の方が長いけれども、

最終的には相手の方が話す時間の方が長くなる、

というイメージで会話の展開を意識してみてください。

これを徹底して意識した会話をすることで、

自ずと「楽しい会話」になり、

自然と「女性が話す時間の方が長い状況」を作れるはずです。

是非、参考にしてみてください。


【実録ナンパ音声3本+電子書籍プレゼント】Pickup Boot Camp無料メルマガ

一切ヤラセ無しのナンパ音声を3本と、ストリートナンパの始め方をまとめた電子書籍(全36ページ)を、無料メールマガジンの購読特典としてプレゼント中です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

関西を中心に活動しているストリートナンパ師。 「ゲット数よりも自分の理想の女性をゲットすること」をゴールとして、ナンパや恋愛ノウハウを、2017年現在175名以上の男性に指導している。