この前テレビを見ていたとき、芸能人が「こういうのムカつく」という、冗談半分で世の中の愚痴を言い合う、という番組がありました。

その中で、ある俳優さんが言っていた愚痴、、、それは、「おいしい○○」という商品名を見ると腹が立つ、というものでした。

なぜその商品名に腹が立つかというと、「おいしいかどうかは食べた人が決めるものだから、こっち側の感想を勝手に決めるな!」という理由だそうです。

自分で自分の商品を「おいしい」と書いて押し付けているということに、その俳優さんは腹が立っている、、、ということですね。

かっこいい男??

「なぜアイツがモテて自分はモテないんだ!?」

と感じたことが一度はあるかもしれません。

しかし、「かっこいい男」「付き合いたい男」などなど、、、その判断をするのは自分ではありません。

先ほどの食べ物の例と同じです。

自分では「おいしい食べ物を作った!」と思ったとしても、お客さん次第で評価は変わります。

つまり、かっこいい男かどうか?イイ男かどうか?、、、どう感じるかは「女の子次第」です。

自分ではかっこいい男を目指しているつもりでも、自分ではイイ男を目指しているつもりでも、女の子側から見たとき、かっこいい男、イイ男、と思われるかどうかはわかりません。

つまり、女の子に良い評価をされたいと思うなら、自分側の視点ではなく、女の子側がどう思うか?をいつも客観視するようにするべきです。

そのためには、よく女の子を観察するクセをつけてみてください。たとえば、ナンパに出掛けるときは、「かわいい女の子いないかなー」と、女の子にばかり目が行ってしまうかもしれません。

でも、自分の好みの女の子の方だけじゃなく、たとえばその女の子が彼氏(っぽい人?)と歩いているなら、その彼氏の方もよく観察してみてください。

すると、どういう男性が好みなのか、共通点が見えてくることがあります。

どうしたらモテるか?を考えるとき、自分中心の考え方になってしまっていないか?

女の子がどういう気持ちなのか?という、女の子側の視点が抜けてしまっていないか?

特に「自分はこだわりが強い性格の方だ」と思うなら、是非、意識して取り組んでみてください。


【実録ナンパ音声3本+電子書籍プレゼント】Pickup Boot Camp無料メルマガ

一切ヤラセ無しのナンパ音声を3本と、ストリートナンパの始め方をまとめた電子書籍(全36ページ)を、無料メールマガジンの購読特典としてプレゼント中です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

関西を中心に活動しているストリートナンパ師。 「ゲット数よりも自分の理想の女性をゲットすること」をゴールとして、ナンパや恋愛ノウハウを、2017年現在175名以上の男性に指導している。