女性とうまく会話ができない?女性と話をするときの話題、質問、返答の仕方を考える前に

今回は「恋愛における会話」をテーマに取り上げてみたいと思います。

セミナーを開いたりコンサルティングで指導させて頂くとき、

ほぼ間違いなく受けると言っても過言では無い質問があります。


「ナンパで声を掛けるときに湊さんは何て声を掛けていますか?」

という類の質問ですね。

結論から言ってしまえば、「フレーズそれ自体」にこだわってはいけません。

その理由は「言い方」「声のトーン」「テンション」など、

色々な要素とかけ算になってはじめて「良い声掛け」になると思うからです。

要するに「良いフレーズ」「良い言葉」というものは無いということです。

逆に言えばどんなフレーズや言葉で声を掛けたとしても、

そのフレーズの言い方やトーンやテンションなどを変えれば、

「反応の取れる声掛け」にもなれば「反応の取れない声掛け」にもなり得るということです。

僕はナンパの声掛けの仕方を「曲」に例えて説明することがあるのですが、

「曲」は歌詞だけでは成立しません。

曲は「歌詞」と「メロディー」と「歌い手」の3つが揃って、

はじめて「曲」として成立するものだと思います。

で、ここでお伝えしたい一番のポイントは、

「歌い手の歌い方によって、曲のイメージは大きく変わる」

ということです。

昔の曲を最近のアーティストがカバーをすると、

「世界観が崩れた」

「オリジナルに失礼」

・・・

というようなネガティブな意見がほぼ間違いなく出ると思いますが、

あれはまさに「メロディー(編曲)のアレンジ」や、

「歌い方、表現の仕方」によって曲のイメージが変わってしまうからです。

このようにナンパの声掛けも「曲」と同じように考えれば、

ただフレーズだけに目を向けてもあまり意味が無いことがわかります。

会話ひとつひとつも「曲」のように考えてみる

では、本題の「会話」について考えていきましょう。

ナンパの声掛けが「フレーズや言葉だけ」を考えても、

うまくいくとは限らない(むしろ、ほぼうまくいかない)ように、

「会話」も同じように考えていく必要があります。

たとえば、

「どんな話題を女性と話せば良いのだろうか?」

「こういう質問をされたらどういう風に答えれば良いのだろうか?」

「女性に楽しんでもらうにはどんな質問をすれば良いのだろうか?」

・・・

こういったことを考えた経験があるかもしれません。

しかし、ここまでの話と同じように考えてみてください。


「何を話すか?」

「何を答えるか?」

「何を質問するか?」

これをそのまま考えても、うまくいかないことの方が多いんですね。

決して会話においても「何を言うか」というポイントだけが、

女性を口説くための会話をするために抑えるべきポイントでは無いということです。

女性との会話のひとつひとつを取ってみても、ナンパの声掛けと同じように、

「言い方」

「声のトーン」

「テンション」

こういった部分を考えることは大切です。

ただ、それに加えてどういう話題を選び、

どういう質問をして、どういう反応をするべきかは、

「相手の女性の性格」

「相手の女性から見た自分の性格」

「相手と自分の関係性」

「タイミング」

・・・・

こういった要素がひとつひとつ違えば、全く違った印象を与えるわけです。

具体的を挙げて考えてみます。

たとえば、サッカーの日本代表戦に興味があり、

わざわざチケットを取って見に行くような女性もいれば、

日本代表のユニフォームの色さえも知らないような、

全くサッカーには興味の無い女性もいます。

サッカーが好きな女性であれば「サッカーの話題」は、

初対面の場合に仲良くなれる話題のひとつかもしれません。

「何を話すか」という話題については、

「これが正解」と言えるものは無いということです。

もちろん、多くの女性が興味を持つような話、

あるいは万人ウケしやすい話題などはありますが、

そういうものは総じて「無難」で「ありきたり」な話題がほとんどです。

若干、極端な例だったかもしれませんが、

僕の言いたいことは伝わったのではないかと思います。

このように、「相手の女性の性格」だったり、

相手の女性から見た自分の性格、相手と自分の関係性、タイミングなどで、

「相手の女性にとっての楽しい会話」になるかならないかが決まるんです。

しっかりと目の前の女性を観察して、目の前の女性とそのときの状況に合わせた

「話題」を選び、「質問」を選び、「反応」を選ぶことができるかどうかが、

「会話の上手さ下手さ」のひとつの基準だと僕は考えています。

「言い方」「声のトーン」「テンション」「相手の女性の性格」

「相手の女性から見た自分の性格」「相手と自分の関係性」「タイミング」、、、

「そんなに同時に色々考えるなんてハードルが高い」

そんな風に思われてしまった方もいらっしゃるかもしれませんが、

何も難しい話をしているわけではありません。

むしろ、相手が女性である云々の以前の問題として、

「人と会話をするときの大前提」ですし、

誰もが日常生活の中で自然にやっていることです。

幼稚園や小学校でさえ、

「テンプレートで人と会話をしましょう」

そんな風に指導する先生はいないはずです。

ただ、女性を口説く会話となると急に、

「女性を口説くためには、、、?」

という気持ちだけが先行してしまい、変な方向に行ってしまう男性も多いと感じています。

「目の前の相手と会話をする」という意識。

まずは何よりも会話の基本を大事に抑えることからはじめていきましょう。

ナンパの声掛けなどの場合は目の前の相手の情報が少なすぎますから、

「どういう声掛けをすれば良いのか?」

と、何を話せば良いか全くわからないという気持ちも分からないでもありません。

ただ、普通に会話をする状況であれば、

目の前の女性をしっかりと観察して会話をすれば、

「相手の女性が楽しいと感じる会話をするためのヒント」

は転がっているものです。

それは、きっと見つけようとしているか?

あるいは、見つけようとしていないか?の違いだと言えます。

是非、参考にしてみてください。

追伸、

今回の話はかなり基本的な話になってしまいましたので、

次回は「情報の少ない女性と楽しい会話をするコツ」について書いていきます。

おそらく、女性と会話がうまくできないと感じている方の多くが悩んでいるポイントは、

「相手の女性についてほとんどヒントがない状態でどうやって会話をするのか?」

という部分だと思います。

次回はそんな話をテーマに取り上げていきます。


【実録ナンパ音声3本+電子書籍プレゼント】Pickup Boot Camp無料メルマガ

一切ヤラセ無しのナンパ音声を3本と、ストリートナンパの始め方をまとめた電子書籍(全36ページ)を、無料メールマガジンの購読特典としてプレゼント中です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

関西を中心に活動しているストリートナンパ師。 「ゲット数よりも自分の理想の女性をゲットすること」をゴールとして、ナンパや恋愛ノウハウを、2017年現在175名以上の男性に指導している。