ナンパの声掛けや平行トークが上達していく原理?

先日、東京で開催しました、セミナーが終わりました。

もう僕は大阪に戻って来てます、ご参加頂いた方はありがとうございました!

今回はナンパが初めての方も多かったのですが、合同ナンパではそれを感じさせない軽いフットワークの方もいらっしゃいました笑

「実際に声を掛けている人が近くにいる」

ということで声掛けに抵抗がなくなった、と言ってくださった方もいらっしゃいました。

大阪セミナーはまだまだ参加者さんも受付中ですので、日程に都合が合う方は是非!

ナンパが上達していく原理

とりあえず声を掛け続けていれば、ナンパがうまくいくのでしょうか?

東京でのセミナー、合同ナンパでも、そんな質問を頂きました。

もちろん、数は大事ですが、やっぱり、ただ数だけをこなしてもうまくならないことは当然です。

勉強とかだって、そうですよね?

資格を取るための勉強には、やっぱり時間はかかります。

しかし、ただ時間をかければ良い、という意味ではありません。

ナンパを上達させるための数のこなし方、上達させるための持つべき意識。

そのポイントをひとつあげるとすると、

「自分が会話の中で詰まったポイントを見つけて、次までに対策を考えながら、数をこなす」

です。

ナンパで失敗するときは、大抵「うまく会話が続かないこと」だと思います。

しかも、よくよく振り返ってみると、自分が詰まっているポイントは、共通していたり全く同じだったりします。

なぜなら、自分の会話にはクセがありますから、大体詰まるポイントも同じなのです。

それこそ、男友達と仲良くなるときも、パターンは一緒だったりしませんか?

こういう視点で自分のナンパを振り返ってみると、会話が詰まってしまったり、どういう反応すれば良いのか?と迷ってしまったり、共通するポイントが見つかってくると思います。

具体的に例をあげれば、

「彼氏いるんで大丈夫です」

と相手の女の子に言われてしまったら、自分はどう返せば良いのかわからなくなって詰まってしまう、、、とします。

ナンパをこなしていると、この例のように、

「彼氏いるので」というフレーズを言われてしまうと、そこから自分は崩れてしまうな、、、

という共通点が見えてくるものです。

そうであれば、そのフレーズに対する対策を考えて準備しておけば良いってことです。

相手がこう言ってきたとき、自分は返しに困ってしまった。

こういうポイントを思い出してみてください。

そして、そのひとつひとつのフレーズに対して、良い返答の仕方・フレーズをストックしていけば良いわけです。

こうやって何度も数をこなしていくと、相手の女の子のほとんどのフレーズに対応できるようになっていきます。


【実録ナンパ音声3本+電子書籍プレゼント】Pickup Boot Camp無料メルマガ

一切ヤラセ無しのナンパ音声を3本と、ストリートナンパの始め方をまとめた電子書籍(全36ページ)を、無料メールマガジンの購読特典としてプレゼント中です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

関西を中心に活動しているストリートナンパ師。 「ゲット数よりも自分の理想の女性をゲットすること」をゴールとして、ナンパや恋愛ノウハウを、2017年現在175名以上の男性に指導している。